教育ローン保証人のおすすめ

【国の教育ローンには保証人がいるが、公的保証機関も利用できる】国の教育ローンには「日本政策金融公庫」のものや、国民生活金融公庫などのものがありますが、いずれも保証人は必要です。
ただ保証人がいなくても「教育資金融資保証基金」という公的保証期間を利用することもできます。
ただこの場合は33,923円~101,713円の保証料がかかりますから、せっかくの安い金利メリットが、保証料で消えてしまうことにもなりかねませんから、安易に利用するのも考えものです。
したがって金利のメリットを活かすためには、保証人をつけることをお勧めします。
保証人と言っても教育ローンの場合は消費者金融のカードローンなどと比べると、目的が真面目でしっかりしていますから、案外なってくれる人もいるのではないでしょうか。
それにローンの当事者が学生ですから、万一の場合は当事者が債務を肩代わりすることも考えられますから、保証人の安全性は余計に増すのではないでしょうか。