住宅ローン借り換えの贈与税の注意点とは?

住宅ローン借り換えの際の大きな注意点として、贈与税がかかる場合とかからない場合があるとのことで、調べてみました。
そもそも贈与税というのは、個人が財産を受け取ったときに支払わなくてはならない税金で、原則として年間110万円までの贈与なら税金はかからないとされています。
で、どうして借り換えでこの贈与税が関係あるの?という感じなんですが、もし最初の借り入れのときに住宅ローンを夫婦などで共同債務としていると、借り換えの際には注意が必要です。
妻に子どもが生まれるなどライフスタイルの変化によって夫のみで借り換えをするとなると、妻の分のローンを新たに組んだローンで夫が代わりに支払うというかたちになり、贈与税がかかる可能性があります。
贈与税は数百万になったりする場合があるので、借り換えの際には金融機関や税務署にしっかり相談しましょう!
http://www.mortgage-sinsa.com/