住宅ローン金利の変動金利とは?

住宅ローン金利の変動金利とは、金利が変動する住宅ローン金利で、平成23年の資料によると新規貸し出しの住宅ローン金利のうち約50%超がこの変動金利を選んでいる。
変動金利の特徴としては半年に1回金利の見直しがあり、5年に一回返済額の見直しがあります。
5年に一回の返済額の見直しでは最高でも現在の返済額の1.
25倍までしか返済額はアップしません。
しかし1.
25倍以上になった場合も支払いが免除されているわけではなく、いつかは支払わなくてはいけません。

従ってどちらかというと借り入れする側が金利上昇リスクを取るので、安い金利で住宅ローン金利の金利を抑えることが出来ることになります。
貸す側は上がった分を確実に転嫁できるので安全と言えます。