住宅ローン相談で返済額を減らすことができる?

返済額を落としたいという住宅ローン相談住宅ローン相談でも、特に多いのが返済額をどうすれば少なくできるか、というテーマです。
まず元利均等返済と元金均等返済の違いを比較することが大切です。
元利均等返済は、毎月の返済額が均等になる返済方法です。
金利が変わらなければ、完済までは返済額は変わりません。
これに対して、元金均等返済は毎回の返済額のうち、元金部分が均等で、利息分は元金が減っていくにつれて少なくなっていき、元利合計の返済額も減少していきます。
当初の返済額は元利均等返済のほうが少なくなるので、資金計画がぎりぎりの人はこちらを利用する方が無難と言えます。
それに対して、元金均等返済は当初の返済額は少し多くなりますが、元金均等に比べると早く元金が減り、総返済額も格段に少なくなります。
多少なりとも返済に余裕がある人ならば、元利均等返済ではなく、元金均等返済を利用した方が、長期的に見た場合には有利になるというわけです。
この違いをよく理解してから返済方法を考えていくことが大切なのです。
住宅ローン審査の相談でおすすめは?